プライバシーポリシー

個人情報の管理に関する組織内規則

一般社団法人「中小企業の企画部を代行する会」は、サービスをお客様に提供するにあたり、以下の通り社内規則を制定する。この規則を遵守し、お客様に対して信頼のあるサービスをご提供する。

第1条 (目的)

この規則は、「一般社団法人中小企業の企画部を代行する会」 (以下、当法人)が入手した個人情報を適切に保護・管理することを目的として、社内における個人情報の取扱条件を定める。

第2条 (定義)

個人情報とは、個人に関する情報であり、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるもの、および他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができるものをいう。

第3条 (適切な情報取得)

個人情報の取得に際して利用目的等を可能な限り特定し、適法かつ公正な手段でこれを取得する。

第4条 (委託により入手した個人情報の取扱制限)

業務委託によりお客様からお預かりした個人情報を、お客様の書面による承諾を得ることなしに、該当の委託業務の遂行以外の目的で使用しない。

第5条 (情報利用の範囲)

前第3条に基づいて取得した個人情報を利用目的の範囲内で、業務に必要な範囲に限定して利用する。この範囲を超えて個人情報を利用する必要が生じた場合には、法令により許される場合を除き、その利用について、情報主体(個人情報の本人様)の同意を得る。

第6条 (管理責任者)

個人情報を取り扱うにあたり管理責任者を置き、個人情報への不正アクセス、個人情報の紛失、改ざん、漏洩等が発生することのないよう、適切な管理に努める。

第7条 (秘密保持)

情報主体の同意を得た場合または法令により許された場合を除き、個人情報を第三者に提供しない。また、個人情報を第三者に提供する場合には、契約等により個人情報の管理を義務付け、その第三者からの漏洩、再提供の防止などに努める。

第8条 (情報の開示等)

情報主体が自己の個人情報について、開示、訂正、追加または削除を希望する場合には、合理的な範囲で、すみやかに対応する。

第9条 (法令順守)

個人情報の保護に関する各種法令、規則等を遵守するとともに、社内における個人情報の適切な管理の体制を継続的に見直し、その改善に努める。

第10条 (個人情報管理のための組織風土)

この方針を、弊社の役員、従業員(嘱託社員、人材派遣社員等を含む)および関係者に周知徹底することによって、一人ひとりが個人情報管理の重要性を認識し、管理を実行する風土づくりに努める。

平成26年8月1日制定

ページの上部に戻る